ナイトクラブ自粛でホストと結婚!?今だから効果ありの恋の戦術

ワインを飲む女性
恋愛・大人

本日東京都では、カラオケやナイトクラブ自粛が要請されました。ホストクラブとしては致命的な打撃が免れない出来事というお店も多いはずです。

ところが、こういった自粛ムードで逆にホストから卒業して結婚したという人の話も聞きます。

では、どうしてそんなことが起きているのでしょうか?

稼ぐことができないホストに対してホストを養いたい女性がいる現実

現在、ホストクラブではその人気に関係なく、収入が激減し、明日の生活もままならいようなホストがいます。

言うまでもなくそれはコロナウィルスの影響による外出自粛ムードのためです。

確かに生命と比べたら遊びを自粛をするのが正解です。

ただ、ホストの中にはアルバイトや非正規雇用も多く、お客様が来なければそのまま解雇になってしまうこともあり得る状態なのです。

大げさではなく、コロナ収束の前に不幸な結果を迎える可能性も捨てきれません。

比較的夜のお店の中でもホストクラブは売上を保っている業種ですが、ナイトクラブ自粛に伴いこれからどうなるかは分かりません。

ただ、そんな状況だからこそ気になるホストとの関係を一歩進めている人もいます。

経済的に生活できないホストたちのパトロンになってあげることで、同棲生活をしている人が増えてきているそうです。

つまり、養いたい女性と生活が厳しいホストとの利益が一致したのです。

ピンチだからこそホストの印象に残りやすい?口説き落とすチャンスかも

今のところ多くのホストクラブで営業停止を決めたところは少ないです。

ただ、お客様が一層減ることは間違いありません。するとその日暮らしのホストたちはその日のご飯にも困ることにもなりかねません。

そこで、ホストたちに優しく寄り添うことができれば、いつもは鉄壁の人気ホストでもコロッと口説けてしまうこともあり得ます。

世が世なのでホストクラブに行くことは推奨はできませんが、こんな時だからこそホストと密に連絡をとっておくと思わぬ恋のチャンスが訪れるかもしれません。

いかがでしたか?

ホストクラブなどのナイトクラブ自粛に伴い、ホストたちも苦境に立たされてきます。こういっては何ですが、恋に落とす戦術の一つとして相手が弱っているときというのは効果的です。

お気に入りのホストが困っていたらそっと手を差し伸べてあげれば、思わぬ恋のチャンスを拾えるかもしれません。

コロナ収束まで自粛は致し方なしという見方もあります。ぜひ、自分の身を守る行動を心掛けて日々を楽しんでくださいね。

Yorubiz編集部

19,888 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND