英語でホストクラブは何て言う?ホストクラブは英語圏の人でも楽しめる?

ラブ
おもしろ

今回の記事ではホストクラブと英語の関係について見ていきましょう。

英語でホストクラブは何と言うのか、英語圏の人はホストクラブに行って楽しめるのかなど英語にまつわるホストクラブの話をご紹介していきます。

西洋に ホストクラブという概念はないため英語でhost clubでは伝わらない。

英語

イメージだけで言えば、ホストクラブという文字が横文字なので、普通にhost clubで良さそうな気がしますが、残念ながら伝わりません。

というのも、西洋にホストクラブはあにため、直訳だと何のお店なのか伝わりません。

そこで、男性がサービスするということを強調するために「Male(男性)」という意味をつけてあげると伝わりやすいです。

つまり、英語でホストクラブのことを伝えたい時は「Male host club」とすると相手方にも伝わりやすいです。少なくても男性がサービスをするお店ということは伝わりますね。

ただ、最終的にはホストクラブというサービスを知らない海外の方にはシステムから説明しなければならないので、2~3単語だけで相手方に意味まで伝えるのは難しいかもしれませんね。

英語圏の人はホストクラブを楽しめる?雰囲気を楽しみたいならOK!

ラブ

ホストクラブの中でも一流どころならば、英語を喋れるホストもいます。

ただ、大体のホストクラブでは英語を喋れるホストはいないため、会話を楽しみたいならば、事前にホストクラブに電話等で問い合わせて、英語接客ができるかどうか訪ねておくほうが良いでしょう。

ただ、ホストクラブは雰囲気とお酒を楽しめる場所です。また、ホストたちは高いコミュニティ能力をもっているので、言葉が通じなくても意外にボディランゲージと簡単な英語だけでも楽しめるかもしれません。

実際にホストクラブには、外国のお客様も少数ですがいらっしゃいます。カタコトの日本語でもバリバリの英語しか喋れない方でも一生懸命接客するので安心していらしてくださいね。

いかがでしたか?

ホストたちの中には語学に堪能なホストもいますが正直少数です。英語で接客してほしいならば、事前にホストクラブへの確認は必須です。

ただ、英語で接客しなくてもよいというのであれば、雰囲気を楽しむことは意外にできます。

ぜひ、英語圏の方をホストクラブに連れてきてみてください。

ちょっと違うホストの反応が見れて面白いかもしれませんよ。

Yorubiz編集部

20,318 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND