「デブじゃないよ」はNG!太ったお客様に効くホストの接客とは?!

ふくよかな女性
ナイトトピック

ホストクラブには色々なお客様が訪れますよね。どんなお客様でも楽しく過ごせるようにするのがホストの仕事です。とはいえ、見た目にコンプレックスを抱える女性の接客は非常に難しいものです。

そこで、今回は太ったお客様に対して、おすすめの接客、NGな接客をご紹介します。

ホストはどんなお客様も「デブ」に気遣って接客すべし!

ふくよかな女性

体型にコンプレックスを抱える女性は多いもの。特に日本の女性は世界の中でもやせ体型への憧れが強く、ほとんどの女性が自分をデブだと思っているというデータもあるほどです。

このため、普通くらいの体型でも「私ってデブだから」というお客様はたくさんいます。本当の意味でのデブのお客様が来なくても、デブ対策を練っておくことはホストにとって大切なんです。

ホストの「太ってないよ」はNG?!話を広げる努力を!

悩む

お客様が「私デブだから」などと言ってきたとき、ついつい条件反射で「そんなことないよ」と返してしまっていませんか?「そんなことない」という返答ではお客様はもうそれ以上話を続けることができません。

話をきちんと広げられるよう、例えば、「そんなことないように見えるけど、どうしてそう思うの?」と続けて愚痴を引き出したり、「わかる!この季節おいしいもの多くて俺も太った!」など別方向に話を持っていったりするのがおすすめです。

デブの仕草に注目!「おいしそうに飲む」はホストの売り上げUPにも

間食

太っていることに悩む女性のどこを褒めたらいいのか悩むという人も多いと思います。定番の「それくらいが女性らしい」や「触り心地よさそう」はネガティブな女性だと「デブの婉曲表現」と受け取るかもしれません。

どうせならいっそ見た目から全く離れて、仕草に着目してみてはいかがでしょうか?「食べ方がキレイ」や「おいしそうに飲む」などはそのまま注文につなげやすく、売り上げUPにも貢献しますよ。

太めのホストが使う「俺よりデブじゃないから大丈夫!」は危険かも

巨漢

お客様だけでなく、ホストの方も痩せている人ばかりではありませんし、男性は女性より大柄なので「俺よりデブじゃなきゃ大丈夫だよ」なんて言ってごまかす人もいるかもしれません。

しかし、この表現は実は結構危険なもの。太めなホストなら「私ってこの人レベルなんだ」と落ち込んでしまいかねませんし、大柄でも細身なホストなら「嘘に決まってる」と不信感を高める可能性もあるんです。

見た目がデブでなくても体型を気にしている女性は多いです。体型には触れず、見た目なら髪や唇などのパーツ限定、もしくは仕草を褒めるようにしましょう。どんな女性も一部分を見れば美しいもの、長所を探して悩んでいる女性の心を癒してあげてくださいね。

Yorubiz編集部

20,104 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND