催促NG!ホストの営業ラインは「名前呼び」と「生活リズム」が大事!

営業連絡
ナイトトピック

お店で接客するだけでなく、お客様へのその後の連絡もホストの大切な仕事の1つです。お客様との親交を深め、来店していただくための営業ラインのやり方によってお客様のリピート率は変わってきます。

そこで、今回は誰にでもできる営業ラインのコツをご紹介します!

ホストの営業ラインは基本毎日!「お店に来て」はたまにでOK!

営業連絡

連絡先を交換してからしばらくは、営業ラインを毎日入れて大丈夫です。ただし、「お店に来てほしい」という内容はしばらく控え、まずは世間話をして相手との信頼関係を深めましょう。逆にこっちから「お店に来なくてもいいよ」と言って安心させてもOKです。

最初の「お店に来て」という連絡はお店のイベントなどのタイミングで行うのがベスト。自分の売り上げのためでなく、お客様が楽しめるから「イベントにおいでよ」と誘うことで、お客様の警戒心を薄れさせることができます。

営業ラインでホストはお客様の名前をきちんと呼ぶこと!

顧客管理

毎日たくさんのお客様に営業ラインを入れるとなると、どうしても内容は似たり寄ったりになりがち。そんなときはお客様の名前をライン上で積極的に呼ぶことで、コピペっぽさを払拭させましょう。文頭、文末だと付け足した感がでるので、文中がおすすめです。

ホストはお客様の生活リズムに合わせて営業ラインするのがおすすめ!

連絡

自分が暇な時間に送るのではなく、お客様が確実に見るタイミングで送るのも営業っぽくなくするテクニックの1つです。

例えば「そろそろ仕事終わる頃かな?お疲れ様!」などのメッセージは誰にでも使える内容ですが、実際にお客様の仕事がいつも終わるタイミングに出すことで、多くのお客様に一斉送信する営業ラインではなくお客様のためだけのラインと思いこませることができます。

押してダメなら引いてみろ?ホストが営業ラインを控えるタイミングは?

しがみつく女性

毎日することが基本の営業ラインですが、何度か来店があり、信頼関係が築けてきたなと思ったら一度距離をおいてみてもいいですよ。来店後にお礼の連絡だけして、何日か営業ラインを控えると、お客様の不安をあおることができ、次の来店につながることも。

毎日営業ラインをしておけば「いつでも連絡してくれる存在」としてお客様はいつのまにかホストに依存していきます。そこまでくれば、あとはラインの頻度1つでお客様を操れるようになりますよ。

営業ラインは「お店に来て」と催促するものではなく、ホストという存在をお客様の中で大きくして、依存させていくために使うものです。大切なのは習慣づけで内容は雑談でも十分ですので、気軽に取り組んで見てくださいね!

Yorubiz編集部

35,016 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND