刺されたホストが現場に復帰!「恨んでいない」と真実を語る

怖い女
体験談・物語

ホストが刺されたといったニュースをご存知でしょうか?

5月23日に東京都新宿区のマンションで、ホストの腹部を刃物で刺し重傷負わせたとして元ガールズバー店長高田由香容疑者が殺人容疑で逮捕されたというニュースが話題となりました。

今回の記事では、ホストが刺された事件自体と刺されながらも復帰したホスト「琉月さん」についてご紹介します。

「好きだからこそ殺そうと思った」その後、ホストが言ったセリフは本当?

怖い女

「好きで好きで仕方がなかった。相手を殺して自分も死のうと思った」

元ガールズバー店長高田由香容疑者は、そんな風に供述していたそうです。ただ、ここからホストの凄い対応があったと話題になったになりました。

「刺したあと、相手が“好きだ”と言ってくれて幸せだった」

…‥本心だとしたら衝撃ですよね。

ただ、この話は本心からではなく殺されないための方便だったようです。

こちらのほうが納得できますね。

では、そもそもなぜこのホスト琉月さんは刺されてしまったのでしょうか?

この理由は、LivedoreNewsの取材にて明らかになっています。

端的に言えば彼女は激昂しやすく冒頭のように好きで仕方なかったから心中したかったというのが真実なようです。

恋人同士でも同棲をしているわけでもなく、あくまでホストと客の関係であったと琉月さんは語っていました。

刺されても恨んでいない

ガッツポーズ

琉月さんは、高田容疑者のことを恨んでいないと言います。

5日間生死の境をさまよい、身体に十文字上に傷が残ったそうですが、それでも彼女が支えてくれたからこそ、ホストをはじめて一年足らずの僕でも営業成績を残せたと琉月さんは語っていました。

ちなみに、琉月さんは小学生のころから施設育ちで一家離散して兄妹とも音信不通だったそうですが、刺されたことをきっかけに警察が身元を捜索してくれた結果、兄と姉と会うことができたそうです。

今後も連絡がとれるようになったそうなので、不幸中の幸いというものでしょうか。

いかがでしたか?

今回の事件はとても痛ましいものでした。ただ、それにより明らかになったのは、ホスト一人一人に歴史があり考え方があるということです。

ホストの多くがちょっと人とは変わった経歴を持つ人が多いです。

ビジュアルバンドを経験していたり、元ジャニーズだったり、元経営者だったりなどホストの歴史を聞いてみると色濃い面子が揃っています。

波乱万丈な人生経験を持つホストと接することは、あなたの人生経験を積む意味でもおすすめしたいです。

ぜひ、「ウソみたいなホントの話」を聞きにホストクラブに遊びに来てみてください。

Yorubiz編集部

32,856 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND