ホストのエースってどんな人?どうすればエースを作れる?

ナイトトピック

ホストの専門用語でよく聞くものの1つが「エース」ではないでしょうか?エースがいるといないとでは大違い、それくらいホストにとっては重要な存在なんです。

今回は、そんなエースという存在のメリット、エースの作り方、育て方をご紹介します!

ホストのエースは一番の太客!金額だけでなく、来店頻度も重要!

まず、ホストのエースとは「一番の太客」のことです。単に一番お金を使ってくれるお客様のことはもちろん、毎日のように来てくれる「本数エース」もいます。

本数エースはたとえ使う金額が少なくてもホストにとっては精神的支柱ともいえる存在です。強制指名日やイベント時などに必ず呼べるお客様がいるのは本当にありがたいことですよね。

ホストはエースを「作る」のではなく「育てる」?!

ごくまれに最初から大金を使ってくれるお客様もいますが、そういったお客様が付くのは往々にして売れてからです。ナンパなどで太客をゲットするなんていうこともなくはないですが、0からいきなりエースを作るのは並大抵のことではありません。

まずは日々指名客を着実に増やしていき、一人一人のお客様と距離を縮めましょう。最初からエースを探すのではなく、普通のお客様を太客に、太客をエースに育て上げていくのです。

エースを育てるためには同じ担当ホストの「被り客」を活用!

「お客様を育てるってどうしたらいいの?」と思う方も多いと思います。同伴やアフターなどを重ねて距離を縮めていくことも「育て」ではありますが、一番有効なのは女性同士の闘争心を煽ることです。

バースデーイベントなど同じ日に自分の指名客が複数来る日はそれぞれに「被り客」を意識させましょう。「あっちに呼ばれたから」と言って席を立てば、お客様は高額注文で引き止めるしかありません。

エースとホストは持ちつ持たれつ。定期的に恩返しを!

エースを作ること以上に、維持するのも大変です。大金を使い自分を支えてくれるエースの存在に胡坐をかくようなことはあってはなりません。エースがお金を使う分、ホストも心を満たすようにしなければ、エースは離れていってしまいます。

エースの連絡は即対応、エースに呼ばれたらすぐに行くのは基本です。店外デートのときのお店探しや、ちょっとしたプレゼントなど、常に「エースが何をしたら喜んでくれるか」を考えて、実行しましょう。

エースを作ることができれば、ホストの売り上げは安定し、ぐっと稼ぎやすくなります。エースができれば、ナンバー入りも夢ではなくなり、さらに上のエースができることもありえますよ。まずは目の前のお客様を大切にして、エースに育て上げてくださいね!

Yorubiz編集部

20,558 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND