細眉は時代遅れ?!今時ホストの眉毛の整え方とは?

身だしなみ

一昔前のホストは眉毛を全剃りして細く書くなっていうこともよくありましたが、今は男女問わず太い眉毛が流行していますよね。ホストの眉毛もそれに合わせて、太く、ナチュラルに整える人が増えています。

しかし、細くするのはともかく、太眉の整え方って難しいですよね。そこで、今回は今時ホストの眉毛の整え方について、必要な道具やコツなどをまとめてみました!

細眉ホストはもういない?!今時の眉毛はナチュラル太眉!

最近は男性も美意識が高くなっており、眉毛を整えることはもはやエチケットになりつつあります。ホストも眉毛は女性ばりに丁寧に手入れをしている人がほとんどで、全剃り細眉のホストなんて今はほとんどいません。

最近は太い眉毛が流行しているため、「いかにも処理しています!」という感じがしないナチュラルな太眉にしている人が多いです。

眉毛を整えるときホストが使っている道具は?コーム付きハサミが便利!

ホストだけでなく、眉毛を整えるときに絶対に必要なのは、眉毛を書くアイブロウ、毛抜き、眉用ハサミの3つです。これに加え、ホストは髪を明るい色にしている人が多いため、色味を合わせるための眉マスカラを使っている人も多いですね。

アイブロウはペンシルタイプとパレットタイプがありますが、太眉にするならパレットタイプの方がナチュラルに仕上がります。また、眉用ハサミはコーム付きのものがあると、無駄な部分がわかりやすくなり、作業がしやすいのでおすすめですよ。

ホストが眉毛を整える第一歩は抜くでも切るでもなく「書く」!

実は眉毛を整えるとき、一番最初にするのは「理想の眉毛を書く」ことです。理想の眉毛といってもストレート型、アーチ型など様々な形がありますが、ナチュラルな眉毛を目指すなら自分の眉毛との差が少ない形を選びましょう。

理想の眉毛の形がよくわからない場合は眉毛に合わせて型通り書くだけで済むアイブロウテンプレートなども売られていますので、使ってみてもいいですね。

眉毛メイク初心者のホストはカットメインで!抜くのはまぶたの毛だけ!

理想の眉毛が書けたら、そこからはみ出した毛を処理していきます。コーム付きハサミでとかしながら余計な部分をカットしていきましょう。

邪魔な毛は抜いてしまいたくなりますが、眉毛は1本間違えただけで印象ががらりと変わる繊細な部位です。抜くのは明らかに眉毛から離れたまぶたの毛などに留め、他はカットしたり、顔用の小型シェーバーを使って処理してくださいね。

ナチュラル太眉の処理は慣れるまで少し難しいですが、出来上がると清潔感や顔の印象はぐっとアップします!道具は100均などで手に入ることも多いので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

Yorubiz編集部

19,542 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND