ホストになりたいけど住む場所はどうする?寮がない場合は?

ナイトトピック

よくホストの求人を見ていると「寮付き」となっているものがありますが、新人ホストと言うとやはり寮住まいが一番なのでしょうか?

今回はホストの住む場所について、量はもちろん実家や一人暮らしなどについても注意すべき点をまとめてみました!ホストになりたいけど住む場所はどうしようと悩んでる方はぜひ参考にしてくださいね!

ホストが住む場所は様々!新人ならなるべく家賃は抑えるのがおすすめ!

ホストをやっているは、レギュラーかバイト・副業かによっても環境が異なり、住む場所もかなりバラバラです。寮でホスト一筋の人もいれば、本職とホスト両方に便利な場所に一人暮らしという人もいます。人気ホストならもちろん一等地の高級マンションということも。

ただ、ホストは新人のうちはとにかく収入が安定しませんので、家賃は安いに越したことはないです。ホストは勤務時間外も同伴やアフターなどで家にいる時間は結構少ないので、最低限寝れるだけの質素な住宅でも大丈夫ですよ。

住む場所が実家でもOK?ホスト勤務は終電が厳しいかも

お金をかけないということなら一番いいのは実家ですが、立地条件や親御さんとの同居を考えると無理かもしれません。ホストの入店・退店時間は公共交通機関が終わっていることが多いので、ある程度近くない限りは通勤が難しくなります。

また、どうしても昼夜逆転した生活になりますので、よほど親御さんの理解がない限り、実家通いのホストは厳しいでしょう。

ホストが住む場所で一番仕事に集中できるのはお店の寮!

店も徒歩圏内で、終電なども一切気にしなくていいお店の寮はホストの仕事に集中するには最高の環境と言えます。家賃も安いですし、人間関係も築きやすいので新人のうちは寮が一番です。

ただ、寮は大抵大部屋ですし、住み心地はよくないです。また、寮に住み続ける売れていないホストの仲間入りをしないよう気を付けなければなりません。量は稼ぐまでの仮住まいと考え、早く抜け出せるよう覚悟を決めてひたすら仕事に邁進しましょう。

ホストで一人暮らしをするなら住む場所はお店の近くがいい?

寮がない場合や、本業などがあり、一人暮らしをする場合も家賃はなるべく安めのところにしておいた方がいいでしょう。お店にあまり近いとお客様に自宅がばれたり、同僚のホストに入り浸られたりする可能性があるので「ぎりぎり徒歩圏内」くらいがおすすめです。

また賃貸での一人暮らしでは保証人が必要で、いなければ保証会社のお世話になることになります。保証会社への料金も家賃に上乗せされますので、その分も予算に組み込んでおくようにしてくださいね。

ホストを始めるとき、迷うのは住む場所ですが、正直最初のうちは疲れて帰ってきて寝るだけの場所です。なるべく通勤しやすく、家賃が安いところを選び、「いつか抜け出すぞ!」という気持ちでホストの仕事に打ち込んではいかがでしょうか?

Yorubiz編集部

19,887 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND