昼職のお客様の方が合理的に稼げる!昼職をホストにハメるためには?

ナイトトピック

一昔前まではホストの太客と言えばキャバ嬢や風俗嬢など、夜の仕事につく女性たちでした。しかし、最近のホストは昼職の女性をメインターゲットにすることも増えているんです。

そこで、今回は昼職女性をターゲットにするメリットや、その落とし方などをまとめてみましたのでご紹介します!

昼職のお客様のメリットは、ホストと空き時間が被らないこと

ホストと夜職の女性は、空いている時間帯が大体同じなので、ホストは空き時間もずっとお客様と連絡をとる必要があります。特に、夜職の女性はそのストレスから連絡の頻度が尋常でないケースも多く、ホストの休める時間がほとんどなくなってしまうこともしばしば。

しかし昼職の女性なら昼は働いているので、そんなに頻繁に連絡を来ることはありません。仕事終わりくらいの時間に少し連絡して、そのあとは「ごめんね、これから仕事なんだ」と相手を傷つけず終わらせることができます。

また、「仕事終わりごはん行こうよ!」などと自然に同伴デートに持ち込むこともできます。昼職のお客様をメインにすれば、公私の境目がはっきりして、生活にメリハリがつきますし、非常に効率よく稼ぐことができるんです。

どの職業がハマりやすい?昼職の女性がホストにハマる理由とは?

昼職の女性の中でも、看護師や保育士など、女性が多い職場で働く方々はホストにハマる確率が非常に高いです。日常生活で男性と接する機会すらあまりなく、接しても世話をする方になるため、ホストクラブでお姫様扱いされるとすぐにハマってしまうのだとか。

ホストと昼職の女性が出会う場所はナンパかSNS!

そんな昼職の女性を狙う上で、一番難しいのが「出会い」です。生活時間も正反対で、普通に出会うことは難しいので、かつてはホストが休日などにナンパすることが主流でした。

しかし、今はSNSがあり、不特定多数の女性に自分のことをアピールできます。あえてホストっぽくない投稿でフォロワーを増やしていけば、ホストに縁がなかった女性からもファンがつき、来店してくれる可能性もありますよ。

昼職女性をホストにハメるポイントは「無理をさせないこと」

昼職の女性は毎月一定の収入がありますので、一回一回無理はさせずに、長いスパンで稼ぐことを考えましょう。無理をさせて借金が家族にばれたりすると、そこから一切来店しないということもあり得ます。

また、根が真面目な彼女たちは彼氏ができるとホストクラブに寄り付かなくなります。こまめに同伴デートを重ねるなどして、そうした出会いが起きないようにしておきましょう。

夜職全体の景気が落ち込んでいる今、男並みに稼ぐ昼職の女性たちはホストの力強い味方です。ぜひSNSなどを利用して昼職女性との出会いを増やしてみてくださいね!

Yorubiz編集部

19,887 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND