ホストにも中国人観光客が来る?!接客はどうすればいい?

中国人観光客
ナイトトピック

富裕層の中国人が日本に観光に来てお金を落としていくのは、買い物や観光地だけではありません。今やホストクラブも外国から人気の観光スポットとなっており、中国人観光客が訪れることも増えてきています。

そこで、今回は中国人観光客が日本のホストクラブを訪れる理由と、その接客方法についてご紹介します!

中国でもローランド人気がすごい!ホストに興味を持つ人多数

中国人観光客

日本で大人気のホスト界の帝王ローランドですが、SNSなどによりその人気は中国まで至っています。中国でもローランドを特集する番組が放送され、ファンになってしまった人は多くいるようです。

また、中国では「ホスト」という仕事は一般的ではないため、一晩で何千万も稼ぐその規模に驚いた人も多くいました。「ホストクラブではそんなにお金を出したくなるほどの接客が受けられるの?」とホストに興味を持った女性が観光で訪れるようになったみたいですね。

中国にもホストクラブはある?日本との違いは?

乾杯

実は、中国にもホストクラブのようなものがないわけではありません。中国を含め、男尊女卑の空気が抜けきらないアジア圏では、「男性が女性をもてなす」お店が少数ながら存在します。

しかし、それは完全に富裕層だけのもの。日本のホストクラブのように初回キャンペーンで安く飲めるなんてこともないため、興味本位で気軽に入るなんていうことはまずありません。中国人女性からすると日本のホストは非常にリーズナブルに感じるようです。

ホストが中国語を話せなくてOK!困ったときは翻訳アプリ

多言語化

中国人観光客が来ても言葉が通じないから困る、と思う方も多いでしょうが、翻訳アプリがあれば最低限のやりとりはできます。中国人のお客様は「日本のホストというもの」を楽しみに来ているので、あとはいつも通りの接客でOKです。

また、中国人観光客が個人的にお店を訪れることは少なく、多くは旅行会社のツアーを通しています。その場合は付き添いの通訳がいるので安心です。

とはいえ、一言二言中国語が使えればとても喜んでもらえますので、挨拶や決め台詞だけでも中国語で覚えておくといいかもしれませんね。

中国人の男の好みは日本と違う?意外なホストに人気がでることも

中国人と日本人では「かっこいい!」とされる顔にも違いがあります。例えば、いかにもホストという長髪は中国では不評のようです。

つまり、日本ではそこまで人気のないホストでも選んでもらえるチャンスがあるんです。そこでの接客で成功すれば、SNSで拡散され、外国人観光客全般から人気になる可能性もあります。

日本を訪れる外国人観光客の数は年々増えており、SNSなどによって日本のホスト文化は世界でも話題となっています。このチャンスを生かすべく、ぜひ世界に向けた接客術を身に着けてみてくださいね!

Yorubiz編集部

33,551 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND