ホストとして働くデメリットとは!?乗り越え方も知りたい!

黄昏る男
ナイトトピック

「せっかく憧れのホストになれたのに、現実は甘くなかった」

そう思うのは不本意ですが、実際にそんな声も聞こえてきそうです。

そこで今回は、ホストとして働くデメリットと、それを乗り越える方法をご紹介します。

ホストのデメリットって?

どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう

精神的に辛い

悩み事を抱える男

外からは華やかに見えるホストの仕事ですが、実際は、売り上げのノルマを達成できるか、ホスト同士やスタッフとのトラブル、お客様の悩みや愚痴を聞き続けるなど、常にストレスが付きまといます。

周りと割り切って付き合ったり、いいお客さんを見極めたりなど、自分なりの工夫が必要になるでしょう。

体力的に辛い

仕事中にお酒を飲むことが多く、お店やシフトによっては遅い時間まで勤務することも多いので、体に良くはありません。

特に、最初のうちはお客様に合わせることが多いので大変です。

売れればお客様を選ぶことできるので、多少は楽になるでしょう。

自分の時間が確保できない

ホストの仕事に力を入れると、自分の時間は無くなります。

けれども、売れてくると、負担にならないお客様を選ぶこともできます。

やり方次第で、売り上げと自分の時間を確保できると言えるでしょう。

学業がおろそかになる

黄昏る男

たくさん稼ごうとするあまり、ホストの仕事と学業のバランスが崩れてしまう人もいます。

自分の将来のため、どちらに比重を置くかをしっかりと管理しましょう。

ネガティブなお客様の相手もしないといけない

自分の不幸自慢をしたり、リストカットの跡を見せて来たりと、ネガティブな話ばかりをするお客様もいらっしゃいます。

付き合い方を考えたり、距離を置いたりと工夫をしましょう。

売掛が自分の負担になることがある

売掛とは、お客様の料金をツケとして後払いにすることですが、その回収ができないことがあります。

信頼できないお客様からの売掛はしないようにしましょう。

経営体制が整っていないお店に入ると稼げない

経営体制が整っていないお店は、給料も劣悪なのでなかなか稼げません。

お店選びの時点で、しっかりと見極めましょう。

まとめ

・ホストの仕事は、心身ともに激務

・売れっ子になると経済的に潤うほか、お客さんを選べるようになるため、心身の負担が減る

ホストは、成功したら見返りも大きいですが、それまでは非常に厳しい世界でしょう。

心身の調子を整えるのはもちろん、疲弊しないための自己管理が必須ですね。

Yorubiz編集部

20,293 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND