ホストにハマるとちょっと危険?ホストにハマって後悔したこと2選

学ぶ・知る

ホストは、女性にとって夢の国といっても過言ではないほど、楽しい遊び場です。ですが、「ハマりすぎて後悔した」という女性も少なからず耳にしますよね。

そんな女性たちの「ホストにハマってしまって後悔したこと」を大きく分けて2つご紹介します。

失敗談を活かして、ホストクラブは健全に楽しみましょう!

ホストにハマって後悔するのはなぜ?

ホストにハマってしまって後悔する原因のほとんどが、「恋愛」と「お金」に関することです。では、具体的にどんなことなのか、見ていきます。

ホストにハマって後悔したこと①「ツケ」が増えすぎた

ホストクラブには、売掛金(ツケ)という来店時に現金を持っていなくても、ホストクラブの接待が楽しめるシステムがあります。もちろん、後日お金を払わなくてはなりません。

このツケを支払えば特に問題はありませんが、支払えないと借金と同じく督促が行われます。

酔っていつの間にかツケをしていた女性も多いようで、後悔してしまうようです。

これを防ぐには、あらかじめツケをしないと決めておき、毅然と断ることが大切です。

また、自信がない方は事前に店側に予算を伝えておくことでしょう。

いずれにせよ、これは対策をすることで防ぐことが可能です。

経済的余裕がよほどない限りは、ツケでホストクラブ遊びをするのはやめたほうが無難です。

ホストにハマって後悔したこと②ホストに本気の恋をした

ホストは疑似恋愛を楽しめることも遊び方の一つです。

しかし、あなたが本気で恋をしてしまったのに、ホストの方は「お客さんとしか感じていなかった」という話はよくあります。

本当の恋人同士のように接してくるホストもいるので、勘違いしてしまうのは仕方ありませんが、そうした事実に気づき後悔した女性も多いのです。

恋人のように接してくるのは、「そういうモノ」だと一線を引いて、楽しむのが健全なホストクラブの後悔しない楽しみ方でしょう。

もちろん、男と女ですので、「ホストがお客と付き合って結婚した」という話もあります。

恋をするのは誰にも止めることはできませんが、相手のホストが「営業」か「本気」かはしっかり見定めることが必要です。

いかがでしたか?

ホストクラブは楽しい場所ですが、ハマりすぎると甘い罠にかかってしまうこともありえます。

ホストクラブを楽しむ際は、ハマりすぎないよう予算と心の準備をしてから楽しむのが後悔しないための秘訣です。

Yorubiz編集部

19,626 views

Yorubiz Magazine公式の編集部です。男女問わず、ファッション・美容から仕事の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています...

RECOMMEND